講師一覧

発onラインに登録されている講師一覧です。今後も充実した講師陣の拡充に努力していきます。
詳細検索を開くをクリックするとご希望にあった講師をお選びいただけます。

  • « 前へ
  • 1
  • 次へ »

6件中、1件目から6件目までの6件を表示しています。

資格等:英語発音指導士®
point:1,000pt
  • 出身国:
  • 居住国:
【レッスン時間のリクエストお待ちしております】直前まで予定が分からず、カレンダーに記入していない空き時間もございます。ご都合の良い時間帯をぜひリクエストでもお問い合わせ下さい。【40分レッスンには詳細なフィードバック】レッスンは20分単位ですが、じっくり発声練習したい方には2コマ連続の40分レッスンがお勧めです。40分以上のレッスンをお取りいただいた方にはA4用紙3枚以上の詳細なフィードバックをお送りいたします。【経歴】高校2年時、新潟県の高校生英語スピーチコンテストで優勝。上智大学フランス文学部卒業卒業後、フランス・パリに語学留学(フランス語検定2級 商業フランス語検定 取得)帰国後、外資系…
資格等:英語発音指導士®
point:1,000pt
  • 出身国:
  • 居住国:
10歳の時にNHKの基礎英語のソノシートを繰り返し聞いて誰にも教わることなく一人で英語の発音を身に付けました。中学生になって学校の図書館で見つけた音声学の本を独学で勉強し、音声学の理論も分かるようになりました。このころから外国語の発音を身に付けるコツが分かり始め、ドイツ語、フランス語、ロシア語、スペイン語、中国語など、まったく異なった言語の発音を混在することなく使い分けられるようになりました。海外居住経験なく独学で発音を身に付けたため、発音が得意ではない方にも発音を改善するにはどうすればよいかを具体的にアドバイスできると思います。初心者の方には、うまく発音できない、区別がつかない音素を習得する…
資格等:英語発音指導士®
point:1,000pt
  • 出身国:
  • 居住国:
発音の基本20分×6回コースやってます\(^^)/一人一人に合った丁寧な指導で思い込みをなくします。英語圏での在住経験なしにネイティヴに劣らないケンブリッジ英検CPEに合格した努力家系バイリンガルです。日本語とのニュアンスの違いをわかりやすく教えます!ポッドキャスト「翻訳コンシェルジュ®︎の3D英文法」配信中。翻訳コンシェルジュ®は、実力派バイリンガル講師Yuconyこと松﨑由起子が約4年前にオープンした英語スクールです。強みは何と言っても、2,000人以上の幅広いレベルや年齢の生徒を教えてきた指導実績ですが、それだけではありません。長年かけて習得した、英語の「読む・聴く・話す・書く」という4…
資格等:英語発音指導士®
point:1,000pt
  • 出身国:
  • 居住国:
英語発音専門教室「TUNE UP! ENGLISH 英語発音塾」主宰。https://eigohatsuonjuku.p-kit.com/国際英語発音協会認定・英語発音指導士。EPT®英語発音テスト スコア満点保有。カリフォルニア州立大学フラトン校で英語教授法受講。英サセックスダウンズカレッジに留学。大手英語教室講師を20年務めた後、独立。2012年より英語発音専門教室を開講。「歌って学ぶ英語の発音」クラスは10代から80代の方まで幅広い年代の方々に楽しんで受講していただいています。子育て支援NPOで未就学児とその保護者対象に英語の歌・手遊びの指導や教育委員会主催の英語発音講座の講師なども行っ…
興味:
資格等:英語発音指導士®
point:1,000pt
  • 出身国:
  • 居住国:
EPT®(2014年10月東京会場受験)100点帰国子女ではない純ジャパの大学1年生(慶應義塾大学環境情報学部)。5歳で英検2級、小3で準1級、中1で1級合格。TOEIC®は980点。EPT®で満点を取得したことがきっかけで、英語発音の面白さに目覚めました。2017年3月に英語発音指導士®の資格を取得。大人のためのフォニックス指導も行っています。また、スカイプ経由で英検1級から3級までの2次面接レッスン、発音部分のスコアを上げるためのレッスンも行っています。正しい発音を提供するだけではなく、生徒さんの発音を細かくチェックし、どの音がダメなのか?正しい音を出すにはどうすればよいか?を徹底的に指導…
資格等:中学高校英語教師資格有
point:1,000pt
  • 出身国:
  • 居住国:
児童英語教室講師(mpi English School)と、大学企業の講師としての勤務を行っています。経歴:高校在学中アメリカオクラホマに一年間ホームステイ、英語科短大卒業後に貿易事務、その間英語通訳の勉強、結婚出産後、英語教室開設(20年)、教室運営の間に英国チチェスター大学英語教授法(Diploma in Practical English Teaching)受講。英語の授業法とともに、モティベーションに強く関心を持ち、現在その分野を模索中。発音の勉強は、中学時のラジオ英語講座に遡ります。とにかくたくさん聞いてたくさん練習をしました。留学前にそれを行ったことでアメリカで役にたったのはもちろ…
  • « 前へ
  • 1
  • 次へ »