英語早口言葉 -トレーニング 2-

Tongue twister 第二弾

私がアメリカで英語を勉強していた時に、役に立った英語のトレーニング、

早口言葉の第二弾です!

英語で早口言葉は、”Tongue twisters”  舌ねじり = 早口言葉 といいます。

前回の早口言葉、

“She sells sea shells by the seashore”

の回でも書きましたが、うまくできなくてもいいんです!そこに笑いが起きるという面白さがあり、英語の勉強が楽しくなります!ぜひ誰かと一緒にやってみて、ご自身の、お友達のふがいなさを笑い、楽しく学ぶきっかけにしてください!

それでは今日の Tongue twister です。

“Can you can a can as a canner can can a can?”

助動詞 “can” 、動詞の “can = 缶に詰める” 、名詞 “canner = 缶詰機”

どうでしょうか? 発音の難易度はちょっと低めでしょうか? 

キャンキャンと続くので、発音よりもリズム、トーンの練習になるかもしれませんね。

ぼくは、後半の “can can a can?” の部分が課題で、そこの波にうまく乗ると、最後までスルっと言えました。

Youtube にこれの長いバージョンがありましたのでご参考まで。

(youtubeへジャンプ)
How many cans can a canner can?

Can can、キャンキャン聞いていると、関西人の私はある言葉を思い出しました。

“チャウチャウちゃうんちゃう?”

“ちゃう、チャウチャウちゃう。”

日本語に訳します。笑

“チャウチャウではないんじゃないですか?”

“違いますね、チャウチャウではありません。”

私が子供の頃 “チャウチャウ” という大型犬を飼っている人をよくみかけました。ブームが去ったのか最近はあまりみませんね。とにかくチャウチャウを見かける度に、大阪の小学生はこのフレーズを言って、みんなで大笑いしていました。 

ちなみにこれは早口言葉ではなく、単に

正しい関西弁です。笑

すみません、話が英語のブログから脱線しています。。。

ふと思い立ったら練習してみましょう!

“チャウチャウちゃんちゃう?”

ちゃうちゃう、こっちです。

“Can you can a can as a canner can can a can?”

Koji

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA