英語早口言葉 Tongue twisters トレーニング

生麦生米生卵

英語をスムーズに話したい。

英語を勉強しているすべての方に共通する願いですね!

今日は私がアメリカで英語を勉強していた時に、役に立った(と思う)英語のトレーニングをご紹介します。

それは、

早口言葉です。

英語で早口言葉は、”Tongue twisters”  舌ねじり = 早口言葉 といいます。

授業でやると、まぁみんな見事にできないのでクラス中爆笑になるんですよね。笑 それで続きのレッスンがより楽しくなる効果もありました。

ちょっと話はそれますが、

笑わせることができてうれしい。。。 そして

笑われてうれしい。。。。

というのは日本人だと関西人のみがもつ特性というのは本当なのでしょうか?笑

ぼくは、「笑う」「笑わせる」「笑われる」は外国語を話せるようになるために大事なことだと思っています。

ガリガリ机に向かっても絶対話せるようにならないですし、笑顔でいると友達もできやすくて話す機会も増えますし、やっぱり失敗もしないとうまくはならないと思います。

笑われることに快感を覚えた時、

英語習得スピードは飛躍的に加速します!笑(すみません、根拠はありません。)

さて、早口言葉です。

“She sells sea shells by the seashore”

“sh” と “s” の反復連打が私たちを苦しめますね。。。

難しい時は、単語を2つか3つずつに区切ってみましょう!

She sells

sea shells

by the seashore

うまく言えましたか?

言えたら今度はスピードあげて練習してみてくださいね。

↓ ところでこの早口言葉には続きがあって、全体で長い早口言葉になってるんですね・・・知りませんでした。
YouTube動画(She sells sea shells by the seashore)

一人で英語の勉強ってどうしよう?と思った時、

早口言葉をブツブツ言ってみるのもいいかもしれませんよ!

Koji

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA