日本人が困るファーストフード和製英語

“ハンバーガー” は和製英語?

皆さまおはようございます!

本当はジャンフードが大好きでも、中年太りを警戒して最近はめったに食べない、発onライン事務局のKojiです。

皆さま、ハンバーガーはお好きでしょうか。

アメリカはいろんな意味で大国ですが、ハンバーガーの世界でも大国です。

お店も本当にバラエティーに富んでいて、ぼくの奥底に眠るジャンクフード愛がすぐに目覚めてしまいます。
(1ヶ月で3キロ太った経験あり。。。)

とにかくうまい!

そんなハンバーガー店で、よく聞く単語があるんです。

それは、

sandwich

— Would you like just a sandwich or a meal?

サンドイッチ?ハンバーガーじゃなく?

店員さんは  “hamburger”  とは言わず、

sandwich

というんです!!(hamburger でも通じますが。)

学校では教えてくれませんでしたね。。。

日本だと  “サンドイッチ”  から想像する食べ物はあの、薄い食パンに具を挟んだものに限定されるかと思います。でも英語の “sandwich”  の定義は「パン状のものに肉、野菜、魚などを挟んだ料理」とかなり広いです。

“hamburger”  は “sandwich”  の一種なんですね。

もう少しで、

“I am here for a hamburger, not a sandwich!!”

と、訳のわからないことをいってしまうところでした。。。汗

ちなみに 「セット」は一般的に “meal” 、または  “combo” です。

思わず  “セット”  と口からでたことが何度もありますが、和製英語だったんですね。。

“Can I have a number 2 meal ?”
(2番のセットください。)

これでバッチリです。

幻のハンバーガー、”フーパー”

Carl’s Jr、 Jack in the box 、もちろんMcDonald’s、 チェーン店もいろいろありますが、ぼくが一番ひいきにしていたのは、、、

Burger King!

日本では一度撤退した気もしますが、今は定着しているようですね。

でもこのバーキン(カバンではなく、ハンバーガーの方です)、初めて行った時のことをぼくは今でも忘れません。

発音できなかったんです。。

しかも看板メニューを。。。

行かれたことがある方はご存知かと思いますが、バーキンにいくとまず目に入るのが、

Whopper。

今見ても難読単語にみえるのは私だけでしょうか?笑

90年代当時、日本(少なくとも大阪)でバーキンもこのwhopperも見たことはなく、誰かがこれを発音しているのを聞いたこともありませんでした。

アメリカにいって間もなくのある日。

“あ〜お腹すいた。”

Burger King。

ぼくはおどおどしながらもカウンターへ

“やっぱり初めてやし、これは看板メニューを。。。”

もちろん whopper。

“キャン アーイ ハーヴ、、、!!!!  ???”

“しまった、、読み方予習してなかった。。。汗”

“フーー、フーー、・・・ウーーーパーーーー・・・ フゥーーー”

“フーパー!!”

— HUH???

あえなく撃沈です。

結局メニューを指差しで注文。。

トレーに乗せられた  Whopper をなんとか手にした、かわいそうなアジア人少年がそこにはいました。。涙

読み方は、皆さんはもちろんご存知の

whopper ワッパー。

口を軽く尖らせながら “wh” の音を出して、最後の R を意識して発音すると、ネイティブっぽくカッコいい発音になると思います!

(weblio)

単語自体の意味は、

“途方もないもの”、”でっかいもの”、”大うそ”

そこからあのデカいハンバーガーの名前になったんですね。知りませんでした。。

ファーストフードの注文も、私たち英語学習者にとっては大事な練習場所となります。

皆さんは指差し注文ではなくて、しっかり口で伝えてくださいね。笑

 “ファーストフード店での注文” をテーマにレッスンを受けるというのもいいかもしれませんね!

それでは皆さま、暑い日が続きますが体調など崩されませんように!

Koji
——————————————
発onライン事務局
https://www.hatsuonline.com

国際英語発音協会
——————————————

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA